かねはちについて
About Us

厳しい目利きが求められる沼津魚市場仲買事業を始め、鮮度抜群の魚を産地直送する業務用水産品卸売事業
沼津の美味しい魚をたくさんの方へお届けできるよう海鮮食堂「沼津かねはち」の飲食事業
また沼津のサバを美味しくお客様へお届けしたいという想いから始まった
自社開発製品「オイルサバディン」など様々に取り組んでいます。

「それぞれのお客様に価値ある食材を提供し、すべてのお客様のお役立ちすること」を基本理念とし、
魚を通じて皆様の最強のパートナーになることを目指しています。

鯖のコンシェルジュ、かねはち

かねはち=「鯖」

かねはちはとにかく鯖(サバ)に強い!!

沼津港で最も水揚げの多い魚は「鯖」です。
かねはちは毎年そのうちの約7割を買い付けしています。
鯖のことなら、まずは「かねはち」に。
自信を持って買い付け・ご案内させていただきます!

沼津港の水揚げ量1位「鯖」年間13,000t>そのうちおよそ7割

  • 駿河湾沼津港とは
    SURUGA BAY & NUMAZU PORT

    水深約2500m。日本一の深さを誇る駿河湾の豊かな海には、およそ1000種近い多様な魚介類が生息しているといわれています。沼津港には、毎朝「釣り、定置網、刺し網、巻き網、活魚、底引き(トロール漁)」など様々な漁獲法にて漁獲された魚が水揚げされ、また全国各地の鮮魚も集まり市場を賑わせます。

    近郊の観光地である箱根や伊豆半島、また静岡県東部地区の台所を担う役目を持った沼津港は全国でも珍しい、産地市場と消費市場を兼ね備えた港として、今日も多くの食卓を彩るために動き続けています。

  • 駿河湾のトロール漁
    Trawling

    トロール漁とは片側1400m~1600m、両側あわせて3000m以上の長さのロープの先に袋状の網をつけ、深い海の底を引くようにして魚やカニ、エビなどを漁獲する漁法です。
    駿河湾の豊かな漁場で行うトロール漁では、赤座エビ、赤エビ、ボタンエビなどのエビ類の他、ユメカサゴ・デンデン・ドンコ・キンメ・赤ムツ・カサゴ・カレイ類やさらには市場流通の少ないヒゲダラ(ヨロイイタチウオ)、クモエビ(オオコシオリエビ)など多種にわたる魚が水揚げされています。

会社概要

会社名 有限会社 かねはち
代 表 杉本 幸仁
設 立 昭和57年11月
資本金 3,000,000円
業 種 鮮魚仲買/冷凍食品卸/食品加工/飲食事業

沿 革

昭和57年 11月 沼津市静浦の水産物買付けを目的として有限会社かねはち商事設立
平成6年 10月 商号を有限会社かねはちに変更
11月 地方卸売市場 沼津魚市場株式会社の買参権取得
11月 鮮魚仲買業開始
平成7年 4月 飲食店へ水産食料品、地元水揚げ品の販売業務開始
平成13年 5月 水産加工塩干部門を開設、インターネット販売開始
平成22年 4月 自社冷凍冷蔵庫(約100t)改修工事完成、冷凍食品の販路を拡大
平成23年 7月 設立30周年を迎える
9月 自社オリジナル商品、燻製鯖缶詰“オイルサバディン”誕生発売開始
平成24年 9月 「OIL SABADINES」水産庁のファストフィッシュに認定
10月 「OIL SABADINES」商標登録
平成26年 1月 かねはちセントラルキッチン 開設
11月 飲食事業部新設 海鮮レストラン“沼津 かねはち”オープン
12月 かねはち調理センター 開設
平成27年 3月 FOODEX JAPAN 2016ご当地缶詰グランプリ「金賞」受賞
9月 沼津魚市場仲買人の食堂“やわらか煮付け”シリーズ誕生 発売開始
平成28年 1月 「OIL SABADINES」全国水産加工品品質審査会において「東京都知事賞」受賞
3月 FOODEX JAPAN 2017 ご当地おつまみグランプリ「最高金賞」受賞
8月 ふじのくに新商品セレクション 2016 「最高金賞」受賞

MAP