冷凍品と生食

本池です。

おさかなは冷凍したあと、解凍するときに細胞が壊れてしまい、壊れた細胞から旨み成分を含んだ汁(ドリップ)が流出してしまいます。

なので基本的には冷凍品はお刺身NGなのですが、かねはちはお刺身用の冷凍品を作ることができます!

おさかなが凍るまでの時間を極端に短くすることによって、細胞へのダメージが少なくなるのです。

マグロとかは冷凍品が出回ることが多いですが、生でもおいしく食べられるのは、水揚げ直後船内で超低温で凍結しているからなんですね。

沼津でも刺身用の冷凍品やってるとこは少ないんじゃないかと思います。

地魚とか沼津のさばとか遠方のお客様にもおいしくお召し上がりいただきたい次第です。

お知らせ一覧へ戻る